起業家にとって税理士は頼れる存在

自分のやりたいことを形にするために、会社勤めを辞めて、独立・起業する人も少なくありません。
自分で仕事を始めるには、仕事についての専門知識が不可欠です。
また、開業に際しては、しかるべき手続きが必要になるため、起業家を目指す人は早めに準備していきましょう。
そのひとつに「開業届」があり、仕事を始めてから1カ月以内に出す必要があります。
具体的な手続き方法は、管轄内の税務署へ出向くと教えてもらえますので、必要以上に心配しなくても大丈夫です。
また、開業届とともに「青色申告」の手続きなども行います。
そのとき、税理士による個別記帳指導(無料)に関する案内を受けると思います。
独立起業するときは、独立の準備で精一杯になるかもしれません。
しかし、何事もタイミングが大切です。
税務署で個別記帳指導の話を聞いたときは、申し込みをしておきましょう。
そうすることで、開業後の一定期間、税理士から記帳指導を受けることができます。
起業家になると確定申告が不可欠になり、日頃からの記帳が大きな鍵を握るのです。
そのためにも税理士から記帳指導を受けておくと、安心して確定申告ができるのではないでしょうか。