訪問看護の基本のキ!!

訪問看護というと保険のこととか心配だなと思いますよね。
訪問看護というと自宅で療養中の人の治療や診療の補助というイメージですが、訪問看護のスタッフには看護師だけではなく、保健師や助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の国家資格を持っているんです。
だから治療や診療はもちろんですが食事やお風呂、排泄の介助などもしてもらえますし、リラックスのためのマッサージや、テレビや音楽鑑賞の手伝いまで幅広く行なってくれるんです。
また、認知症の患者を支える家族に対して悩み相談や正しい知識と正しい接し方を指導してくれたりもするんです。
終末期の患者には痛みの緩和や看取り等のケアもしてくれるので家族だけでは心配や不安という家族も安心して患者と一緒に最期を過ごすことが出来ますよね。
訪問看護は受けられるサービス内容が保険や病気の症状、介護レベル等で変わりますが、何が出来て何が出来ないのかをちゃんと把握しておくことでより良い日常生活を送ることが出来ますよね!
介護保険や医療保険で自己負担を軽減することが出来ますが、その他は自費になるので自費で行う訪問看護と保険適用内で行う訪問看護を上手く使い分けて賢く利用してみて下さいね!
その他の訪問看護で気になる事や疑問点があれば、「訪問看護NAVI」というサイトをチェックしてみて下さい!