新宿の税理士によると仕送りは非課税になるみたい。

親から大学生への「仕送り」の額が、1986年の調査開始以来、最低額を更新している。東京地区私立大学教職員組合連合(東京私大教連)の調べだと、首都圏の私立大学に通う下宿生の平均仕送り月額は、1994年度の12万4900円をピークに下がり続け、2013年度には過去最低の8万9000円まで落ち込んだ。

一方で、家賃の平均は6万900円となっているため、仕送り額から家賃を引いた生活費は2万8100円にしかならない計算だ。

つまり、一日あたり1000円に満たないのだ。東京私大教連の報告書によれば、「不足する生活費や学業の経費は、アルバイト等の収入でおぎなっていると思われる」ということだ。

それに新宿の税理士さんいよれば通常の仕送りあれば贈与税はかからず、非課税。

次の3つの条件をすべて満たす贈与は、贈与税が非課税になるからです。(1)扶養義務者(配偶者。直系血族。兄弟姉妹。生計を一にしている3親等以内の親族)どうしが行う贈与であること
(2)お金を使う目的が生活費、または教育費であること

(3)通常必要と認められる金額の範囲内であること」
通常の仕送りは、これらの条件を満たしている可能性が高い、ということ。高額すぎる「仕送り」には注意が必要みたいですよ。